肉離れの対処法

この時期多いのが、「肉離れ」。

お盆休みなどでは、普段、お仕事や生活で全身の疲労が溜まっている状態から、さらに普段やっていない急激な運動などで、ブチっと肉離れが起きてしまう危険が高まります。

ということで、肉離れになった時の対処法を今日はお伝えいたします☆

肉離れになったら、まずは内出血の止血です。
止血の際には冷やすことが効果的なのですが、重要なのはそのやり方です。

当院では、「濡れタオルを当てて3時間」というのをお薦めしております。

これは、止血効果が得られて、なおかつ筋肉を必要以上に冷やして固めないというやり方です。

 

次に大切なことは、痛みをあまり出さないようにすること

痛みが出た後に、無理してそのままスポーツを続行したり、痛みを我慢するような行動は避けるようにしましょう。痛みを感じないように過ごすことも、怪我の回復を早めることに大いに役立ちます。

 

ほとんどのケースで病院に行くと、
「湿布、痛み止め、固定、松葉杖」という処置で経過観察が一般的です。

しかしこれですと、回復はかなり遅くなり、予後も芳しくない状態になってしまいます。

当院での施術で適切に処置すれば、病院などでの処置に比べて半分以下の期間で回復できるケースが多いです。

まずは怪我をしないように、無理をなさらないことと、徐々に体を慣らしながら動く様にしていきましょう!

肉離れになった際は、早い処置がとても大切ですのでお気軽にお電話ください☆

 

アクセス・営業日

神奈川県横浜市西区中央1-33-12銀河ビル5F

TEL:045-314-8322

営業時間
10:00~20:00
10:00~20:00
×
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。