せるり療法とは

せるり療法の「せるり」とは、
「セル(細胞)・リペア(修復)」と「セル(細胞)・リカバー(回復)」の頭三文字を取ったものです。
「細胞の修復」を効率よく促す。「細胞を回復」する力を高める。このような意味が込められています。

せるり療法の特徴

短期間で回復に導きます

急性的な症状などは劇的な速さで回復することが可能です。

これまでの常識に囚われない適切な処置やケアをすることで、効率的に短期回復に導きます。

慢性的な症状も急性的な症状と比べると時間がかかりますが、これまでの一般的な処置やケアに比べると圧倒的な早さで回復が可能です。

 

回復できる身体を取り戻します

適切な処置やケアを行うことで、自己治癒力・回復力が最大限に高まります。

せるり療法は、対処療法とは異なり、根本的に痛みや不調を改善する療法です。

痛みや不調が解消した後も痛みが出にくい身体になり、再び痛みが出たとしても回復できる身体が身に付きます。

 

身体への負担が少ないアプローチ

強い刺激を与える施術ではありませんので、悪化することはまずありません。

痛みや違和感の無い施術を心がけており、寝ているのがお辛い場合は座って行い、座っているのがお辛い場合は立った状態でも施術が可能です。

また、身体への負担が少ない為、2歳のお子様から90歳以上のご高齢の方まで施術を行うことができます。

 

効率的に骨格の歪みや捻じれを修正

負担の少ないアプローチをすることで効率的に骨格が整います。

骨格の歪みや捻じれを修正するには矯正を思い浮かべる方が多いと思いますが、矯正は負担が大きくリスクも高まります。

せるり療法では、なぜ歪みや捻じれが出るのかを根本的にアプローチして骨格の修正を行います。

 

全身の様々な痛みや不調に対応

身体の痛みや不調には必ず原因があります。
なかなか良くならないという方は、良くならない理由が必ずあります。

どこに原因がありどうすれば良くなるのか、あなたの症状や状態、生活などをから問題点を見つけ出し適切に対処することで、痛みから解放され回復できる身体を取り戻します。

お困りの方はまずご相談ください。

 

→様々な症状の患者様の声こちら

よくあるご質問

予約をせずに受診できますか?

当院は完全予約制となっております。事前にお問合せ頂きご予約をしていただいてからご来院ください。

1回の施術時間はどのくらいかかりますか?

施術時間は、30分程度ですが、初回はこれまでの経緯など詳しくお話をお伺いしますので合計で1時間程度お時間を頂いております。

2回目以降は症状により前後しますが、問診や検査を含めて合計で30分~45分程度お時間を頂いております。

持ち物を教えてください。

ハンドタオルまたはハンカチと、膝の曲げ伸ばしのしやすい伸縮性のあるズボンをお持ち頂くか、ご着用の上ご来院ください。

施術時に着替える必要はありますか?

伸縮性のあるおズボンを履いて来て頂ければお着替え頂く必要はごさいません。

どのくらいのペースで通院する必要がありますか?

症状にもよりますが、始めは期間を空けずに来て頂き、良くなって来たら徐々に間隔を空けて来て頂けると早い回復が期待できます。

しかし、患者様のご都合もありますのでご相談しながら決めて参ります。

症状が軽くても治療は受けられますか?

当院では、痛みは無いものの些細な不調でお悩みの方、良い状態を維持するためのメンテナンスで来られる方も多くいらっしゃいます。

また、歩行困難な方や上半身を起こすこともできないような症状が重い方も施術しております。

どのような不調でも、まずはお気軽にお問合せください。

ボキボキする矯正が怖いのですが・・・

当院ではボキボキと矯正をしたり、痛みを与えるようなことは一切せず、体に負担を与えない優しい施術を行っております。

少しでも痛みや不快感がありましたら遠慮なく担当施術者にお伝えください。

ボキボキとしなくても、なぜ歪みや捻じれがあるのか適切にアプローチすることで骨格が正常の位置に戻り、歪みやズレも修正されます。

子どもや高齢者が施術を受けても大丈夫ですか?

当院ではなるべくお身体に負担のかからない施術を行っております。2歳のお子様から90歳のご高齢の方もご来院しておりますのでどうぞご安心ください。

どんなものに効果があるの?

全身の痛みや違和感、痺れに対応しております。不調には必ず原因があります。

また、緊急性や危険性があるものは、医療機関をご案内しております。

優しくアプローチすることでどうして良くなるの?

痛みや違和感は「これ以上負担をかけないで!」という身体が悲鳴を上げている状態です。

身体が危険だと察知して警戒し、筋肉を縮めて守ろうとしています。あまりにも長期的に警戒状態にあるとしこりのように固まってきます。

しかし、優しくアプローチすることによりその警戒が解かれ、安心することで筋肉の緊張が緩みます。そして収縮した毛細血管が拡張し血流が良くなり、細胞代謝が促進し、痛みや違和感、痺れなどが解消されるのです。

押したり揉んだりすることは良くない?

身体に異常があると、身体を守るために警戒して筋肉を固めます。

今までは凝り固まっている筋肉に対し、押したり揉んだりたたいたり矯正でバキバキやったりと強制的に筋肉をほぐしておりましたが、そのような刺激により、逆に傷めてしまうことがあります。

刺激の少ない施術を行うことにより、身体に負担をかけず、筋肉の緊張を解いて正常な状態に導くので、赤ちゃんからお年寄りまで万人が受けても危険性がなく、効率的に本来の身体の「回復する機能」を取り戻すことができるのです。