脊柱管狭窄症

どこへ行っても治らない脊柱管狭窄症は横浜市の整体せるり療法院
【もくじ】
1.脊柱管狭窄症の治し方
2.脊柱管狭窄症とは?
3.脊柱管狭窄症の原因
4.脊柱管狭窄症と診断されたら
5.アクセス・営業日

 

脊柱管狭窄症の治し方(セルフケア)

脊柱管狭窄症の治し方(間欠性跛行の原因&解消法)

 

腰椎ヘルニアの治し方(脊柱管の狭窄にも効果的)

 

腰を反ると痛むケア方法(脊柱管回りを緩める)

 

正しい歩き方(間欠性跛行の方におすすめ)

※体質や環境の違いが存在するため、効果には個人差がございます。

脊柱管狭窄症と診断されてお悩みの方は、まずはこちらをお試しください。

状態の悪い方は、お気軽にご相談ください。
実際に状態を診させていただくことで痛みの原因や要因を特定することができ、状態に合わせた適切な処置を行い痛みのない元の状態に導きます。

立っていると辛くなってくる・・・
休憩しないと歩けない・・・
両足がしびれる・・・様々な症状の方がご来院されております。
手術をしたくない方、どこへ行ってもなかなか治らない方、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせご相談はこちらをクリック

 

薬や手術に頼らず、日常生活の中で短期間に回復

脊柱管狭窄症とは・・・

脊柱管狭窄症の構造腰の骨の真ん中に「脊柱管」という神経が通るトンネルがあり、そのトンネルが狭くなることを「脊柱管狭窄症」と言います。

一般的には、腰の骨が変形したり椎間板が飛び出てきたり、骨と骨とつないでいる靱帯が厚くなって脊柱管が狭くなると言われています。

中高年に多く椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症から狭窄が進行することがあります。

腰に症状が出るケースもありますが、主に下肢(お尻から下)に症状が出るケースが多くあります。立っていたり歩いていると症状が出てくることが多いですが、状態によっては常に痛みや痺れが出て力が入らなくなることもあります。

 

脊柱管狭窄症の主な症状

立っていたり歩いていると下肢に痛みや痺れが出てくる(間欠性跛行)

前に屈んでいると楽になる

上体を反る動きが辛い・できない

太ももやすねが常に痺れている

脚に力が入らない(不安定)

自転車は乗っても痛みや痺れは出ない

等など・・・

 

一般的な治療法

脊柱管狭窄症による足の痛みとしびれ

一般的に行われる治療として、次のような方法があります。

・安静(コルセットで固定)
・薬の服用(消炎鎮痛薬、血行促進薬など)
・神経ブロック注射
・リハビリ(ストレッチ、筋力増強訓練など)
・手術

しかし、これらの治療をされても改善されないケースも多く、改善されたとしても一時的で、再び痛みが出てきて腰の痛みと付き合って生活されるケースがよくあります。

本来、痛みや痺れとは「これ以上危険ですよ!」という体からの合図ですので、薬で抑制したり、手術で圧迫の原因となる部位を取り除いたりするのは体の正常な反応を無視していることになり、根本的な解決にはつながりません。

普段の生活の中で脊柱管が狭くなり神経を圧迫してしまったのですから、その原因を取り除かなければ「強制的に痛みを取り除く」治療をしても、また繰り返し痛みに襲われる可能性があります。

 

脊柱管狭窄症の原因

「脊柱管狭窄症」は結果であって痛みの原因ではありません。

上記のような保存療法でも痛みが軽減されますが、痛みが軽減されると言うことは必ずしも「脊柱管狭窄症」=「痛み・痺れ」ではないと言うことです。

「脊柱管狭窄症」になぜなるのか・・・

腰椎椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症から狭窄が進行することがあります。

年齢によるものとも良く言われますが、以下のケースで腰に負担がかかり腰椎椎間板ヘルニアや腰椎変性すべり症になることがあります。

◇使い過ぎ
腰や骨盤回りは体の土台となるところです。そのため立っていても座っていても常に身体を支える為に負担がかかり、腰や骨盤回りの筋肉に疲労が溜まり固まってしまいます。

◇体の使い方
体の使い方やバランスに問題があるケースがあります。
同じ職場で同じ作業をしている人でも腰椎椎間板ヘルニアにならない人がいることを考えると使い過ぎだけが原因とは言えません。

重いものを持ち上げる時や、軽いものでも手に取る時の体勢、椅子に座っている時の姿勢でも負担のかかり方が変わってきます。

例えば、ソファに座ることが多いのも良くありません。
座り心地が良く楽に感じると思いますが、骨盤が後傾し腰や骨盤にかなり負担がかかります。
座っているのが楽だからと言ってずっと座っているのも実は良くありません。

日常生活で腰や骨盤回りへの負担が大きくなると、腰や骨盤回りの筋肉が疲労し固まってきます。
固まると常に筋肉が収縮している状態になるので椎間板が常に圧迫されつぶれて飛び出てきたり、腰椎と腰椎を繋ぐ靱帯にも負担がかかり靱帯が厚くなったり、すべり症になったりして狭窄が進行してしまいます。

 

「脊柱管狭窄症」と診断されたら

脊柱管狭窄症の間欠性跛行で杖を使って歩く

なるべく腰や骨盤回りに負担がかからないよう安静に過ごしてください。

座っている状態が楽だとしても実は腰や骨盤回りに負担がかかります。

時間がある時は数分でも構いませんので横になるように心がけてください。

歩く時にどうしてもつらい場合は杖を使っても構いませんが、常用して杖に頼った歩き方をしていると徐々に状態がひどくなり長引くことがあります。

なるべく杖の使用を控え、痛みや痺れが出てきたら休むというように生活していれば、徐々に回復して症状が出にくくなります。

それでも痛みや痺れが引かない場合は、治癒力だけではどうにもならない状態です。回復を妨げている原因を取り除く必要がありますので、そのような場合は、お気軽にお問い合わせください。

脊柱管狭窄症が治らないとお悩みの方はせるり療法院がオススメ

脊柱管狭窄症と言っても人により症状や痛みの原因が人により異なります。

せるり療法では、あなたの状態に合わせたアプローチで痛みの原因を解消し、なぜ脊柱管狭窄症になったのか、どうすれば再発しないのか、あなたの日常生活での問題点やアドバイスなどわかりやすくお伝えしながら根本的に痛みを解消していきます。

施術台に横になれない方や、少し動くだけで痛む方もいらっしゃいますが、ご安心ください。その時の状態に合わせて痛みが出ないように一番楽な体勢で行っていきます。

少しでもご不安があるようでしたら遠慮なく施術者に申し付けください。

 

脊柱管狭窄症|手術せずに改善|なかなか治らない間欠性跛行|横浜市の整体せるり療法院