陸上女子100mH福部真子選手

2019年全日本実業団陸上大会 女子100mH優勝 福部真子選手

「7年間私がせるり療法院に通う理由」

競技力が上がってくれば自然と体への負荷も上がり怪我のリスクも高まります。

しかし、お世話になった7年間で大きな怪我をしたのは1度だけです。

2018年の日本選手権2週間前に、左足のハムを肉離れしてしまい、当時は歩くことも困難な状態でした。

2週間ほぼ毎日通い、熱心に施術していただいたおかげで日本選手権では予選、準決勝、決勝の3本走ることができ、7位に入賞することができました。

今現在、怪我を恐れず思い切り練習に取り組めているのは立岩先生が必ず治してくれるという信頼があるからです。

その場しのぎの施術ではなく、痛みの根本から改善してくれるので「痛めた筋肉を回復しつつ、その筋肉を強くしながら練習に取り組める」そんなイメージを私は持っています。

「痛みが無くなったからもう大丈夫」ではなく、「痛みの出ない体にしていく」というスタンスで通うことで、怪我予防もでき回復力やパフォーマンスの向上に繋がります。

何事も「継続」が大切だと思います。

練習を継続するためには怪我をしないことが1番です。

怪我をしないためには定期的なメンテナンスと自分でやれる範囲の施術を行うセルフケアが必要不可欠になってきます。

私にとって施術はもちろん、立岩先生やかおる先生に会えるだけで元気になれる魔法の場所です!

 

福部真子選手の応援はこちら
Twitter
Instagram