腱鞘炎になったらまずは…

以前から回復力について、何度も書いておりますが、
腱鞘炎になった場合、回復力が低下している可能性があるので、まずは回復を促すよう下記を実践してみてください。

からだは日常の負荷よりも回復力が低いと、疲労が抜けず、それが積もり積もって壊れてしまいます。

それが痛みとして出てきます。

しかし、疲労というものは、気付かないうちに溜まっていき、状態が悪くなって初めて気付くということがよくあります。

こちらに初めて来られる方で「何もしてないのに痛みが出てきた」という方がいらっしゃいますが、それは、疲労がいつのまにか蓄積して、手の周辺の筋肉や腱が限界を超えて、痛みが出ている可能性があります。

なので、傷めたきっかけが思い当たらない方は、回復力の低下が考えられますので回復力を上げる3つを実践してましょう。

1.睡眠(7~8時間の睡眠時間を確保)
人間は寝ている間にからだが回復します。
睡眠時間が少ないと回復する時間も少なくなってしまい、疲労が抜けきらず、疲労が翌日に持ち越されて蓄積してしまいます。
その日の疲労はその日のうちに取るようにしましょう。

2.入浴(毎日湯船に浸かる)
入浴はシャワーで済ませるのではなく、湯船に肩首まで浸かることで、全身の毛細血管が拡張して細胞に栄養や酸素が届きやすくなります。
来院される方の大半がめんどくさいという理由でシャワーにされている方が多いですが、回復を促すために毎日4~5分で構いませんので浸かりましょう。

3.水(2リットル以上の水を毎日飲む)
ヒトの体の60%以上は水でできています。
歳をとるにつれて体の水分量が減って行き、循環が悪くなり回復力が低下していきます。
細胞に栄養や酸素を送るには体の中の水が必要です。
喉が乾いてなくても小まめに水を飲んで細胞修復を促しましょう。
お茶やジュース、お酒ではなく、内臓に負担がかからないお水であることが重要です。

この3つを行うだけで痛みが引いていくことがあります。

腱鞘炎と診断されてなくても、指や手、腕の痛みに効果が出る可能性が十分考えられるので、ぜひ実践してみてくださいね^^

アクセス・営業日

神奈川県横浜市西区中央1-33-12銀河ビル5F

TEL:045-314-8322

営業時間
10:00~20:00
10:00~20:00
×
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。