横浜市南区/変形性股関節症で女性がせるり療法院へ

症状は、両足の変形性股関節症。

確認していくと、歩行時に身体が左右に大きく揺れてしまい、左側に違和感。もも上げがほとんどできず、限界まで上げると痛みが出る。階段のぼりが力が入らず、痛い。

歩行時に身体が左右に振れるのは、体重を満足にかけられないことが原因。

身体を確認。股関節全体がかなり固い。

施術で取ってく、がやはり股関節は緊張が取れにくい。股関節は身体の中でも可動域が多く、筋肉もかなり大きい。それゆえに、痛めると回復にかなり時間がかかるケースが多い。

ある程度とれたところで立ってもらい確認。少し変わった。

横引きでやさしく緊張を取っていき、確認。体重も最初よりずいぶんとかけられるようになり、歩行時も身体の揺れが少なくなった。階段も、小さいものなら痛みはなくなり、力も最初より入るようになった。

発症してからかなり経つので、あせらずにすすめていくのが一番いいでしょう。

でも、かならず良くなるでしょう。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。