変形性膝関節症

「変形性膝関節症」とは?

こんなお悩みは抱えていませんか?

・杖がないと歩けない・・・
・O脚がひどくなってきた・・・
・痛みで階段を上り下りできない・・・
・ヒアルロン注射しても効果がない・・・

 

変形性膝関節症は、膝の怪我や加齢によって、膝の軟骨や骨の破壊が進んだ状態と言われています。

体重の増加や怪我などにより関節に負担がかかり、膝の軟骨が痛み、骨も変形してくる病気で、膝関節が痛み、動きも悪くなります。

なかには関節に水が溜まって腫れてくることもあります。

西洋医学的見地によると、膝関節の破壊に伴って炎症を起こし、膝の腫れや熱感、痛みが現れ、体重やからだの動きによって生じるストレスが、長い間膝に作用して膝関節の軟骨を壊し、ゆっくり骨の変形が進みます。

初期の変形性膝関節症では自覚的な症状はありません。

中期(ある程度軟骨の磨耗が進む)では、膝を曲げたり、立ち上がり時、歩行時に痛みを伴います。

進行期の膝関節症では、軟骨の磨耗がさらに進み関節の土台の骨が露出したりし、骨そのものが変形したりします。

そうなると歩く度に痛く曲げ伸ばしの制限も高度になり日常生活に支障をきたします。

膝関節症は、男性より女性に多く、60歳以上では女性の約40%、男性の20% が、レントゲン検査により変形性膝関節症と診断されています。

さらに80歳では女性で60%、男性で50% 近くとの結果が出ています。

また、スポーツ障害とも強く関係している症状のひとつで、バスケット・ハンドボール・サッカー・バレーボール・野球・陸上・柔道・格闘技・各種ダンス等で急な方向転換をした時などに起きやすく注意が必要です。

 

「変形性膝関節症」の主な症状

・膝が変形している
・膝の曲げ伸ばしができない
・膝がパンパンに腫れている
・膝に水が溜まっている
・体重をかけると痛い
・歩くのが痛い
・階段の上り下りが痛い
・力が入らない
・たまにカクンと抜ける
・動き出しが痛い
・走ると痛い
・ジャンプすると痛い
・しゃがむ動作や正座ができない
・急な方向転換の時に痛い

など、様々です。

 

「変形性膝関節症」の原因

「膝が変形しているから痛いんだ」と思われる方が多いと思います。

しかし、せるり療法では、膝の変形自体が痛みの原因とは考えておりません

また、病院では「体重を減らしてください」「筋肉をつけてください」「加齢によるものですね…」と言われたりしますが、それらも関係ないと考えております。

O脚や膝が変形している方でも、全く痛み無く日常生活を送り、スポーツを楽しんでいらっしゃる方もたくさんいらっしゃいますし、痩せている方や若い方でも痛みがある方もいるからです。

つまり、変形性膝関節症の痛みの本当の原因は、膝の形状では無く、膝回りの「筋肉と靭帯の異常緊張」なのです。

 

一般的な「変形性膝関節症」の対処法は

・湿布や痛み止めの処方
・ヒアルロン酸の注射
・水が溜まっている場合には抜く
・ステロイド剤の注射
・筋力トレーニングの指導
・手術

などを行うことが多いです。

湿布や痛み止め、各種注射で一時的に痛みが改善することもありますが、すぐに痛みが戻ってしまうことも多いようです。

また、筋力トレーニングをしてもかえって痛みが悪化してしまうケースや、手術をしても痛みや張りが残り、再発するケースも少なくありません。

ではどうすれば変形性膝関節症の痛みをスムーズに改善していくことができるのでしょうか?

 

せるり療法において「変形性膝関節症」とは

膝周辺の筋肉が異常緊張することで、筋肉が骨を引っ張って関節間が狭くなってしまい、動かす時に骨や腱の摩擦・圧迫が強くなってしまいます。

その結果、炎症が起きて水が溜まったり、軟骨が潰れたり、関節が変形したりと、様々な症状が現れます。

変形性膝関節症の場合、膝周辺の筋肉(特に多いのが内側)が偏って緊張し、関節へ常に偏ったテンションがかかり続けることにより、その方向へ徐々に関節が変形していきます。

変形を食い止めるためには、筋肉の緊張を解消し、負担が偏らないような歩き方や使い方をしていけば良いのです。

痛みを引き起こしているのは骨ではなく、筋肉の緊張ですので、骨の変形や溜まった水、軟骨のつぶれは結果であって、痛みの原因ではありません。

本当の原因である筋肉の緊張を取り除き、負荷なく正しく関節を可動させることで、短期間での痛みの解消を実現し、さらに変形の進行を防止していきます。

※様々な体質・実践環境の方が存在するため、効果には個人差がございます。

 

「変形性膝関節症」で注意したい点

せるり療法では、以下の対処には注意が必要だと考えております。

・O脚矯正
「変形=痛み」では無いと考えております、無理に形状を変えようとしても、痛みが変わらないとご来院される方もたくさんいらっしゃいます。
筋肉の異常緊張が解消されれば、変形していても痛みは解消していきます。

・アイシング
冷やすとその時は楽に感じるかもしれませんが、循環が悪くなります。

・マッサージ
筋肉をほぐそうとマッサージで刺激を与えると、警戒して筋肉の緊張が強まる可能性があります。

・無理なストレッチ
筋肉が固いからといって無理にストレッチで伸ばすと、警戒が強まり筋肉の緊張が強まる可能性と、傷口が更に広がって回復が遅れる要因になります。

・サポーターの使用
サポーターをすると楽に感じるケースもありますが、楽に動ける分負担をかけていることになります。また圧迫により循環が悪くなる点も回復を遅らせる要因となります。

 

「変形性膝関節症」と診断されたら、まずは安静にすることが大切です。

ご自身の回復力よりも負担が上回っている状態ですと、なかなか回復しないためです。

安静にしても痛みが治まらないという事は、あなたの回復力以上に膝の周りの筋肉や靱帯の状態が良くないという事です。

ダメージを受けている場所や、修復を妨げている問題点を探し出し、適切にアプローチする必要があります。

他にも日常生活で気を付けたい点は多々あります。

せるり療法では、日常生活でのアドバイスを合わせて行っており、こんなことが原因になっていたの!?と驚かれることもあります。

「変形性膝関節症」でお悩みでしたら、ぜひ当院へご相談ください。

アクセス・営業日

神奈川県横浜市西区中央1-33-12銀河ビル5F

TEL:045-314-8322

営業時間
10:00~20:00
10:00~20:00
×
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00