腰痛

「腰痛」とは?

・常に腰が重い
・気がついたら腰をトントンとたたいている
・横になっても痛い
・何度もぎっくり腰になっている
・痛みでスポーツができない

 

一般的に腰痛とは、腰に痛み、炎症などを感じる症状のことです。

良く知られているのは、『ぎっくり腰』や『椎間板ヘルニア』、『脊柱管狭窄症』などがあります。

腰痛の原因はさまざまですが、ほとんどのものは腰回りの筋肉が緊張して起こる「緊張性腰痛」です。

また、慢性化している腰痛は精神的ストレスが原因とも言われていて、疲労による筋肉の緊張や、椎間板という背骨のクッション材の役割を持つ軟骨に問題が起こることで痛みが出ます。

また、背骨の捻じれの影響で脊髄神経に神経圧迫が起こり痛みを出すケースもあります。

一番の問題は椎間板に潰れや飛び出し(ヘルニア)があって神経圧迫が起こり痛みを出しているケースですが、通常これは、器質的疾患(そのもの自体が壊れている状態)とされ、本質的な回復は難しいとされてきました。

 

せるり療法において「腰痛」とは

慢性的な腰痛の場合、ほとんどの方がマッサージや湿布などでだましだまし過ごしています。

実際、病院に行っても湿布をもらうだけで、具体的な治療は行ってくれません。

マッサージで揉んでもらっても、気持ち良いだけで腰痛が無くなることはほとんど無いのが現状です。

そこでせるり療法では、痛みの根本原因となっている筋肉の緊張を優しい施術で解消し、脊柱の歪み・捻れの修正により改善させていきます。

ヘルニアや脊柱管狭窄症など、椎間板が潰れてしまっている症状も、施術を繰り返すことにより次第に椎間板が弾力を取り戻し、手術なしの回復を目指します。

また、自宅でできる簡単で効果の高いセルフケアもお伝えしております。

 

※様々な体質・実践環境の方が存在するため、効果には個人差がございます。

アクセス・営業日

神奈川県横浜市西区中央1-33-12銀河ビル5F

TEL:045-314-8322

営業時間
10:00~20:00
10:00~20:00
×
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00