股関節の痛み(股関節症)には手術はいらない?

股関節症の代表的なものには「先天性股関節脱臼」「臼蓋形成不全」などがあります。

いずれも症状は、痛み、力が入らない、可動制限など。そして、股関節症は難治性であることも特徴の一つです。

重度の場合には、手術や、人工関節置換手術を勧められる場合があります。

要するに、一般病理学では、「股関節症は骨の問題なので、手術で骨を改善しましょう」ということです。

せるり療法院では、症状の原因は骨ではなく、筋肉の異常緊張であると考えています。

特に「先天性股関節脱臼」などは、先天的な骨の異常のはず。幼少の時点で痛みが出ているはずですが、ほとんどがそうではありません。

事実、筋肉の緊張を解消していくことで、痛みや可動制限が改善されていきます。

せるり療法院では、痛みを伴わない優しい施術で、効率良く筋肉の緊張を解消していき、股関節の動きをスムーズにしていきます。その結果、血流が改善。軟骨の修復を促進していきます。

手術を選択する前に、ぜひ一度ご相談ください。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。