痛風はビールを我慢しなくても良くなります!!!

「痛風はぜいたく病」というイメージが強い世の中ですよね。

しかし、ふたを開けると、ビールや魚卵など、プリン体の多い食事を取っていない方でも痛風になってしまうことも少なくないようです。

信じがたいことかもしれませんが、ようするに、食事と痛風はそんなに関係ないというわけなんです。

それでは何が原因なのでしょう?

実は「股関節の筋肉の異常緊張」が原因なのです。その結果、尿酸値が高くなり、激痛が出てくるというわけです。つまり尿酸値は原因ではなく、結果なのです。

薬で尿酸値を低くすることで一時しのぎはできますが、原因の改善はできていないので、やはり発作はまた起きやすいわけです。

改善させるためには、

・筋肉の緊張をとる

・生活の中の、股関節への負担を改善する

これらのことをおこなえば、食事を制限しなくとも発作は出なくなっていきます。ビールも我慢しなくていいのです♪

プリン体の多い食事は美味しいものばかりですよね。

身体に悪いと思っていてもやはり食べたいものです。僕も大好きです(笑)

不必要に薬に頼らず、健康な身体を維持していきたいですね☆

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。