膝痛 ―膝にお水が溜まる―

先日、膝の水に悩まれる女性がご来院されました。

長年立ち仕事をされていて、
元々膝に違和感を感じていたものの、
いつか治るだろうと様子をみていたところ、
お仕事中に膝を捻ってしまったそうです。

そこから痛みが増して、
更には膝に水が溜まるようになってしまったとのこと。

電気治療を6回しても、
痛みが減るどころか強まる一方・・・

その後、膝の水を注射で抜くものの、
すぐに溜まってしまい、痛みも強くなってしまったとのことでした。

お医者さんには、
あと4回抜いても溜まるようであれば手術をすると言われ、
「手術は絶対したくない!」という思いで当院へ問合せ下さいました。

最初に来院された時には、膝の水がパンパン、歩くのも困難。
膝が伸ばせず、仰向けに寝る際、膝の裏に高い枕をいれないと寝れない。
膝を曲げると痛いので、階段は横向きでの昇降しかできない。

1回目の施術後、
膝が伸ばせるようになり、枕をはずしても伸ばせるように!
膝を曲げることもできるようになり、腕で膝を抱えても大丈夫なまでに!
びっくりされて、その場で久々の感覚を噛み締めてらっしゃいました

膝の水は、膝周辺の筋肉が疲労すると筋肉が緊張して硬くなり、
それにより膝が負担に耐え切れなくなって、
骨や半月板に負担が掛かって、擦れたり潰れた状態になります。

関節液が正常に循環出来なくなり、膝に水が溜まるものと考えています。

このような状態も、原因である筋肉の疲労を取り除き、緊張を取ることで、
膝関節への負荷を減らし、膝の水(関節液)を解消することが出来ます。

たくさん歩けるようになって、
旦那様といろんなところへお散歩へ行きたいそうです^^

これからも、全力でサポートさせていただきます。

アクセス・営業日

神奈川県横浜市西区中央1-33-12銀河ビル5F

TEL:045-314-8322

営業時間
10:00~20:00
10:00~20:00
×
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。