60歳代の女性が、初期の膝痛の症状で来られました。


今まで健康な状態でどこにも痛みが無かったが、2週間前から突然膝のお皿の内側が痛み出したとの事。

触診をしていくと、やはりお皿周辺の筋肉の緊張が強く、股関節、大腿部にも緊張がありました。

痛みのない施術で、まずは軽く全身を緩め、股関節、大腿部の緊張を取り、最後に痛みのある膝周りに施術。

1回目の施術でだいぶ痛みが無くなり、2回目にはほとんど痛みが無くなり違和感が少し残るのみ。その後、次回のご予約を取って帰られました。

その方は、症状が深刻になる前に来られたのでより早く回復されましたが、早期発見、早期の施術が功を奏した結果となりました。

もしも身体のどこかに違和感や痛みを感じたら、我慢せずにお早めにご相談ください。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。