紫斑病

紫斑病のセルフケア

アレルギー性紫斑病の治し方(自宅ケア方法)

 

紫斑病とは?

どこへ行っても治らないアレルギー性紫斑病は横浜市の整体せるり療法院

一般病理学による「紫斑病」とは・・・

毛細血管から血液がもれて皮下出血し、紫色の斑紋が出る病気です。

アレルギー性紫斑病は、扁桃炎や食べ物、細菌、ウィルスによるアレルギー反応や他様々な原因で血管に炎症が起こり、皮下出血します。

発症部位は様々ですが、主に四肢(主に下肢)や腹部に紫斑がでます。

アレルギー性紫斑病と呼ばれるものは、小児に多く発症し、紫斑と共に腹痛、足の痛み、関節痛などの症状がでます。

一般的にはアレルギー性紫斑病に対して、安静やステロイド薬などの処置を施します。

せるり療法において「紫斑病」とは・・・

せるり療法では、なぜアレルギー性紫斑病は子供に多いのか?に着目しています。

紫斑とは、毛細血管から出血して赤い斑点が出てきます。動き回らないように指導されることが多いのですが、毛細血管が脆くなっていてちょっとした刺激で出血してしまいます。

通常であれば出血してもすぐに体内に吸収され、毛細血管の傷口も修復されますが、紫斑病はその吸収や修復が上手くできていないのが問題と考えています。

せるり療法院にたくさんの紫斑病のお子様がお越しになりますが、紫斑病になる子の共通点は、頸椎(首)と内臓に問題があります。

頸椎と内臓の働きを整えることで、毛細血管が丈夫になり動き回っても紫斑が出ることがなくなります。

腹痛や関節痛などの体の痛みの原因は炎症です。せるり療法の優しい施術で炎症が和らぎ痛みもなくなります。

どこへ行っても治らないとお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

>お問い合わせはこちら

>紫斑病のブログを見る

 

※様々な体質・実践環境の方が存在するため、効果には個人差がございます。

紫斑病|なかなか治らないアレルギー性紫斑病|横浜市の整体せるり療法院