【腱鞘炎】インタビューを掲載しました

腱鞘炎でご来院されている10代の男性。
3カ月間、集中的に毎日馬の世話をすることがあり、
その際右親指を酷使し続けて、痛みが突然出始めたとのこと。

その後、馬の世話をすることが無くなっても痛みが引かず、
整形外科へ行っても変化なく、
お箸を持つことや文字を書くことも困難になっていき、
当院へご来院されました。

始めは親指を動かそうとしても全く動か無い状態。
お体を診ていくと、酷使していた右親指の付け根の過緊張、
前腕、上腕、肩、首もパンパンです。

無意識に全身に力が入り続けており、
特に気になったのは首の過緊張。そして緩みずらい。

なんでこんなに首が固いのか、
お話を聞いてみると、交通事故で以前首を痛めたとのことで、
以来ずっと違和感が残っていらっしゃるようで、
小まめに動かさないと嫌な感じがするとのこと。

そのため、首から下にかけて、体幹部分の動きが固い。

体幹が使えていないため、どのような動きにしても、
体幹部分が使えないことで
「末端への負担」が強くなると考えられます。

それが徐々に疲労が蓄積され、
右親指に痛みが出てきたということです。

詳しい回復経緯は、
インタビューを掲載させていただきました
是非、ご覧になって下さい

腱鞘炎は、「使い過ぎ」はもちろんですが、
なぜそこを使い過ぎることになってしまったか、
なぜそこにばかりに負荷がかかるのか。

それらの原因を追究し、改善していくことで、
早期回復を可能とします。

どうか、注射や手術などを選択される前に、一度ご相談下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございます^^

アクセス・営業日

神奈川県横浜市西区中央1-33-12銀河ビル5F

TEL:045-314-8322

営業時間
10:00~20:00
10:00~20:00
×
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。