坐骨神経痛

「坐骨神経痛」とは?

・足が痺れて感覚が薄い・・・
・お尻から足にかけて痛みや痺れがある・・・
・痛くて座っていられない・・・
・しびれて足に力が入らない・・・

 

椎間板ヘルニアや変形性脊椎症による坐骨神経根の圧迫、股関節炎、神経炎、等の様々な原因により坐骨神経が刺激され、起こるものとされています。

また、坐骨神経痛はあくまで症状であり、病名ではありません。

腰やお尻、そして太ももの辺りに、ピリピリしたり、ギューッと締め付けられるような痛みや、押されているような我慢のできない痛みや痺れが現れます。

何らかの原因で腰から足に伸びる坐骨神経が刺激されて起こる症状のことを言います。

一般的な治療法として、安静にして、鎮痛薬の内服や坐骨神経ブロック注射をしたり、コルセットを着用したりします。

しかし、原因がはっきりしない坐骨神経痛の場合、何度痛み止めをしても一向によくならないケースもあるようです。

また、ヘルニアが原因の場合も、手術をしても痛みが取れないケースや、取れても数年後再発する例が見られるようです。

 

「坐骨神経痛」の主な症状

・長時間座っているとお尻から足がしびれる
・お尻が痛くて歩くのがつらい
・お尻~太ももの裏が締め付けられるように痛む
・腰やお尻、太ももがピリピリ傷む
・押されているような痛むや痺れ
・ふくらはぎの外側に歯がゆい痛みやチクッとした痛みが
・足の指に力が入らない
・お尻~足先にかけての感覚が麻痺する

 

「坐骨神経痛」の原因

坐骨神経痛の根本原因は、疲労による‘筋肉の緊張’が関係していると考えています。

疲労によって腰や臀部の筋肉が緊張すると、腰から足に走っている坐骨神経を圧迫し、臀部や足に痛みや痺れが走ります。

また、腰背部の筋肉が極度に疲労すると、脊椎の間にある椎間板に過度の負荷が掛かります。

長期間その様な状態が続いたり、急激な負荷が掛かると、椎間板がその負荷に耐えきれなくなり、ヘルニアになる事もあります。

 

一般的な「坐骨神経痛」の対処法は

・鎮痛薬
・腰の牽引
・コルセット(腰の固定)
・坐骨神経ブロック注射

安静を基本とし、鎮痛薬の内服や坐骨神経ブロック注射をしたり、コルセットを着用したりします。

しかし、原因がはっきりしない坐骨神経痛の場合、何度痛み止めをしても一向によくならないケースもあるようです。

また、ヘルニアが原因の場合も、手術をしても痛みが取れないケースや、取れても数年後再発する例が見られるようです。

ではどうすれば坐骨神経痛が根本的に改善するのでしょうか?

 

せるり療法において「坐骨神経痛」とは

腰や臀部、股関節周辺の筋肉の緊張を解消し、背骨や骨盤を整え、椎間板への負荷を軽くすることで、根本から坐骨神経群に圧力が加わらない状態へ導き、痛みを回復、改善していきます。

痛み止めやブロック注射を行っても根本原因が解消していないため、一時的な緩和のみで症状が戻りやすいのです。

そこで当院では、坐骨神経痛の根本原因である筋肉の異常緊張を探し出し、独自の優しい施術で負担なく解消していきます。そうすることで神経圧迫が解放され、痛みやしびれも同時に解消していきます。

また、早期改善のために日常生活でのアドバイスや自宅でできる簡単で効果の高いセルフケアもお伝えしております。

 

「坐骨神経痛」で注意したい点

せるり療法では、以下の対処には注意が必要だと考えております。

・鎮痛剤の服用、坐骨神経ブロック注射
根本原因が解消していないため、一時的な緩和のみで症状が戻りやすいです。

・腰の牽引
緊張している筋肉が無理に伸ばされることで警戒が強まり筋肉の緊張が更に増してしまう可能性があります。無理なけん引で今まで以上に痛めて来られる方も多いです。

・コルセット(腰の固定)
常に使用することで、腰回り全体の筋肉も固めてしまう可能性があります。使用の場合には、時間を決めるなどの工夫が必要です。

 

当院では日常生活でのアドバイスや、自宅でできる簡単で効果の高いセルフケアもお伝えしております。

坐骨神経痛でお悩みの方、お気軽にいつでもご相談下さい。

※様々な体質・実践環境の方が存在するため、効果には個人差がございます。

 

 

アクセス・営業日

神奈川県横浜市西区中央1-33-12銀河ビル5F

TEL:045-314-8322

営業時間
10:00~20:00
10:00~20:00
×
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00