横浜市泉区/せるり療法院へ腱鞘炎の女性がご来院

横浜市泉区にお住まいの女性が両手の親指の腱鞘炎でせるり療法院へお越しになりました。

症状は、物をにぎると痛い。また、親指を曲げると痛く、あまり曲げることができない。

背中や肩もよく凝る時があるということ。

状態を確認していくと、指周りももちろん固いのだが、前腕のひじに近い部分がかなり固い。加えて脇の下、上腕の内側も固い。おそらく、肩周りから腕にかけての筋肉の緊張が、大きな原因だろう。

施術で、まず前腕の緊張を取っていく。少し取れた時点で、親指を曲げる確認をしてもらうと、最初よりもかなり楽になった。ビンゴだ。

脇の下~肘周り~手首の緊張を数回に分けて取っていき、再度確認。

かなり症状は軽くなった。指の曲がりもさいしょよりかなり良い感じだ。

あとは首回りをゆるめて、今日は終了。

指に痛みがあっても、必ずしも指だけが原因ではないのです。

いろんなところが繋がっているのですよね。身体というものはとても不思議なものです。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。