腰痛(坐骨神経痛)からの回復インタビュー

大好きなゴルフも、足が痛くてホールを回れなかった小山毅さん(仮名)。
一時は悪化した坐骨神経痛の回復の経緯をお伺いしました。

◆いつからどのような症状でしたか?
12月初めに、ゴルフのプレー中に左脚のふくらはぎに攣るような症状があって、それがだんだん太ももの裏にもしびれが出るようになったので、カイロプラクティックに行きました。
そこで、坐骨神経痛と言われましたが、足が歪んでるとも言われました。
確かに、何十年か前から左足が冷え性というか、冷える感じがありまして。
それが、この前カイロプラクティックへ行ったら、それ以降調子が悪くなっちゃって。膝裏がつるようになったんです。
なにも、悪くしようとしてやったわけじゃないでしょうけど、ずーっと長く付いているクセを正常化しようとしたのに無理があったのかな?と、自分なりに思いました。

◆せるり療法を受けた時はどんな感じでしたか?
何と言うかな、心も落ち着いて、すーっと中に入ってくるような、気持ちいい感じですね。
身体の調子も良くなって。なんかこう、薄いものを一枚剥いだような、スッキリするような感覚をうけました。

◆痛みの変化はどうですか?
毎週ゴルフへ行ってるのですが、こちらに来るまでは足が痛くてホールを回れなかったので、途中でゴルフをやめていたんです。
それが先週は痛みも痺れも出ないし、最終ホールまで完走できました。その後の身体の調子も良い感じで、本当にうれしいです。おかげさまで、来週も行く予定です。

◆最後に一言お願いします。
私は会社を経営しているのですが、年配の社員はあちこち痛めている人も大勢いますから、会社の仲間にも紹介しようと思っています。

◆貴重なお話ありがとうございました。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。