膝の痛み(変形性膝関節症)の方がご来院されました。

変形性膝関節症の方がせるり療法院へご来院しました。

数年前に片方の膝に痛みが出たものの、病院で注射を受けて痛みがなくなったそうですが、数週間前にもう片方の膝を痛めてしまったそうです。
大きな原因となるようなことはなかったようですが、膝に激痛が走り、病院で検査。変形性膝関節症と診断されたそうです。
病院では「加齢」「筋肉の衰え」「体重」が問題だと言われたそうです
しかし、今回は注射でも痛みが引かず。どうにかできないかな、とインターネットで当院を検索されて来られました。

最初のころに比べて痛みは和らいではいるものの、階段、屈曲、伸展で痛みが生じる状態でした。
検査していくと、股関節~膝周りに緊張がみられました。
全身を緩めたのちに、問題と思われる場所を緩め、痛みの確認をおこなうと、階段、伸展の痛みは消失。膝も、最初よりもずいぶんと曲がるようになってきました。
この調子でいけば、そんなに時間もかからずに、数回の施術で回復できるでしょう。

変形性膝関節症以外もそうなんですが、「加齢」「筋肉の衰え」「体重」は、痛みとそこまで関係ないと私たちは考えております。
痛みの本当の原因は「筋肉の緊張」。骨も痛みの原因では無い場合がほとんどです。

もし、上記のようなことで回復を諦めてらっしゃる方がいましたら、是非一度ご相談ください。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。