腱鞘炎とは?

腱鞘炎とは、手を少し動かすだけでもズキズキと特定の部分が痛み、酷くなると痛みにより手先を動かせない状態になります。

そして、一般的には『腱鞘』のトラブルだと考えられていますが、実は使い過ぎが原因の『筋肉の過緊張』が原因です。

以下の方が腱鞘炎になりやすいです。

・一日中パソコンでのキーボードやマウス操作をする方

・スポーツ選手や音楽家

・仕事や家事で同じ動作の繰り返しをする方

・赤ちゃんを抱っこするお母さん

・肩や手に力が入りやすい方   などなど

体幹に近い部分は筋肉量が多くしっかりとしていますが、末端の指先や手首は筋肉量が少なく、疲労が溜まりやすい構造です。繰り返し同じような動きをすることで徐々に負担がかかり、ある一定のラインを越すことで痛みとして現れます。

一般的な病院での治療法はステロイド剤の注射、手術などがあり、あくまで対処的な処置です。ですが、根本の原因を解消していなければ、再発する恐れも十分にあります。(実際当院へお越しの方は、手術しても痛みが良くならないとご来院された方も多くいらっしゃいます。)

では良くしていくためにまず大切なことは、負担のかかる動きを避けることで、例えば、パソコンのキーボード操作をする多くの方は指先に無駄な力が入っている事が多いので、肘から指先にかけて出来るだけ力を抜かれて操作するなど。このように末端の力を抜くことで、腕、肩、肩甲骨まわりの筋肉の緊張が和らいできますし、肘の角度も身体に対して直角に近くする事や、アーム(パーム)レストを使ったりと工夫をしていく事も大切です。

また、腱鞘炎に限らず首や肩、背中や腰の痛みは悪い姿勢から起こりますので、ディスプレイの位置を目の高さに変えたり、背中を丸めず骨盤を立てた状態で作業するなどと、姿勢も合わせて気をつけるとなお良いですね。

ぜひ、以上の事を毎日の生活の中で気を付けてみて下さい^^

しかし、日々の生活の中でこのような工夫をされても、どうしても痛みが続いてしまう場合には、どうぞお気軽にご相談下さい。

アクセス・営業日

神奈川県横浜市西区中央1-33-12銀河ビル5F

TEL:045-314-8322

営業時間
10:00~20:00
10:00~20:00
×
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。