40代女性 腱鞘炎からの回復インタビュー

腱鞘炎で来られた40代主婦の方からお話を伺いました。

◆いつからどのような症状でしたか?
ちょうど出産して3ヶ月くらいたったころから左手首が痛くなりました。
子供の体重が重くなり、抱っこすると手首が痛くて子供を抱くことも、手首を曲げることもできなくなりました。始めはサポーターをしたり指圧をしたり、色々と試していましたが、なかなか症状が改善されませんでした。そのうち左手首をかばうような動きをしていたせいか、左肘や方も痛くなってきてしまいました。
じっとしているだけでも痛くて、思わず「痛いっ!」と叫んでしまうほどです。

◆始めて施術を受けてみてどうでしたか?
押したり揉んだりするわけでもないし、「えっ!これでおしまいなんですか?」って感じで、物足りなさがあったのが正直なところです。

◆痛みや違和感は、どのように変化しましたか?
実は1回目では、痛みの変化があまり感じませんでした。正直、数回までは画期的な変化を感じなかったので不安になりました。でも、先生には「状態は良くなってきていますよ。」と言われました。その次の施術で、自分でも良くなってきていると実感しました。じっとしていても痛かった痛みはなくなりましたし、手をついても痛くないです。
最初の痛みが10だとしたら3くらいになっています。日常での動作は問題ありません。

◆同じ症状で悩んでいる方に、一言おねがいします。
整体って「合う・合わない」があると思います。ここでの施術は押したり電気を使ったりするわけでもなく、今までにない方式で変わっています。
でも、良くなりますので本当に痛かったら、賭けてみるといいと思います。

◆貴重なお話、ありがとうございました。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。