片頭痛(偏頭痛)からの回復インタビュー

頭痛だけでなく目の奥の痛みも発生していた金子恭子さん(28歳、仮名)にお話をお伺いしました。

10年以上前から肩こりがあり、ここ2ヶ月くらいで肩の痛みが急に強くなってきました。
同時に頭痛、目の奥の痛みも発生し、肩は何もしなくても、常時張りと痛みを感じていて、目は疲れてくるとあけているのが辛くなる状態が続いていました。

1回目の施術では、数分で痛みが取れてとても驚きました。しかし2日後に同じく肩の張りと痛みを感じ、仕事でパソコンを長時間使うと目の奥が痛い状態でした。

2回目の施術後、「もともと生活習慣によって痛めたものだから、同じ生活習慣で同じ身体の使い方をしていれば、身体はたとえそれが悪い形であっても元に戻ろうとしてしまいます。悪い癖が出てくるのに2日かかったということです。」と言われました。

その次は、4日ぐらい順調だったのですが、時間がたつにつれてやはり肩こりが出てきました。しかし、頭の痛みは出なくなってきました。

たとえ悪い癖があっても身体に楽な状態を教えてあげると、今度はそれを覚えようとするという説明を受けました。何回か楽な状態を教え込むと、緊張が出ないようになってくるということで、施術を続けることにしました。
4回目の施術を受ける前は、痛みが出なくなりました。何度か偏頭痛が出そうな感じがしたんですけど、休憩したり、夜寝ると次の日には感じなかったりで、片頭痛として痛みを感じることはありませんでした。
そのため、1週間痛みが出なければ、次の施術で最後にしましょうと言われました。

最後の施術を受ける後も、仕事終わりに張る感じが出ることもありましたが、肩を回したりすると抜ける感じがするようになりました。

◆貴重なお話ありがとうございました。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。