紫斑病で5歳の女の子がせるり療法院へ

横浜市在住の5歳の女の子が紫斑病でせるり療法院にお越しになりました。

★施術前

足が痛いと言い出したので、整形外科へ行き単純性股関節炎と診断されましたが、数日後、足の痛みがひどくなってしまい、腫れて歩けず、赤い斑点が出てきたため、救急病院でみてもらったところ、紫斑病とのことでした。

徐々に腹痛もひどくなり、腎炎も併発してしまい、入院。

ステロイド治療をおこない、退院ができるまでには回復はしたのですが、完全によくなった状態ではないので、インターネットで調べたところ、こちらを知りました。

☆施術を受けて

病気を感じさせないくらい元気なので見た目では違いが分かりにくいのですが、現時点では痛みもない状態です。

はじめは塩分をひかえる食事をしてましたが、腎炎の方も数値は特に問題なくなり、最近はもう普通の食事をしています。

薬を投与したりと長引くよりも、こちらで施術していただいて、早めによくするのがいいかと思います。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。