横須賀市/腱鞘炎、内反小趾でせるり療法院へ

手の親指と、足の小指に痛みをかかえてご来院。手は握ると痛く、足は歩いたりつま先立ちになると痛い。

お話を聞いていくと、お仕事でPC作業がかなり多いらしい。そして睡眠時間が5時間未満。おそらくこの二つが問題でしょう。睡眠中に人間は回復しますが、日々の疲れを回復させるにはやはり7時間ほど必要。この方の場合は負担が回復力を上回ってしまってしまい、不調につながったのでしょう。

確認をしていくと、やはり体中に疲労がある。特に首肩周り~手首、掌に強い緊張を発見。首はストレートネック気味。足に関しては、足首全体にうっすら緊張があり、特に小指と薬指の間が硬い。

まずは全体の緊張をざっくりととっていく。首肩周りを重点的にとり、手の方の緊張をとる。ある程度取れたので確認、しかし痛みは変わらず。もう一度細かく確認するとかなり細かいところに数か所の緊張を発見。細かく丁寧に取っていく。それら緊張がある程度取れて確認。ビンゴ。痛みが減った。

次に足の確認。こちらも細かいところに緊張がある。緩めていき、確認。こちらも痛みが減った。良い感じだ。

回復力が低下している状態なので、無痛とはいえ、あまり長く施術するとかえって良くない。逆に時間が短い方が回復力を刺激できるので、今日はこのへんで終了。次回のご予約を取っていかれました。

腱鞘炎は負担を減らすことが大切。なので、負担のある作業を工夫していけば、かなり早く良くなります。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。