腰に負担のかからない座り方

この記事を読まれてる方、腰の痛みに悩んだことはありますか?

腰痛は、多くの日本人が経験するとてもポピュラーな痛みです。私も、今まで2回ほどぎっくり腰になったことがあります。
さて、この腰痛、デスクワークの時間が長い方に、多い傾向があります。つまり長時間座っていることが腰への負担を生じているわけです。
実際に、座った姿勢での腰の骨にかかる圧力は、立っている時の1.4倍だそうです。さらに前かがみになると1.8倍にもなるそうです。
この数字を見るだけでも、座り姿勢が長くなることで、腰への負担がかなり大きくなるというのが分かりますね。

しかし、お仕事ですので避けるわけにはいかないのが現実です。

というわけで、より負担の少ない座り方のご紹介です。
・お腹を前に出す
・するとおしり(骨盤)がコロコロと前に転がるのを感じることが出来ると思います。
・あとは上体を起こし、頭を高い位置にもってきます。
この状態ですと、お腹と背中に力を入れなくてもきれいな姿勢を維持できます。
(可動域が小さい方は、無理のない範囲でやってください)

しかし、慣れない体勢ですので、気を抜くとすぐに戻る場合が多いです。
そういう時は、尾てい骨の下にタオル等を置いて少し高さを出してみましょう。骨盤が立ちやすくなります。

座り姿勢の多い方、ぜひ実践してみてください。腰だけにとどまらず、首や肩の調子もずっとよくなりますよ(^-^)

アクセス・営業日

神奈川県横浜市西区中央1-33-12銀河ビル5F

TEL:045-314-8322

営業時間
10:00~20:00
10:00~20:00
×
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00
10:00~20:00

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。